2010年01月30日

SEOとアクセスアップの対策

【内部リンクの適正化】

・サイト内のナビゲーション サイトマップを作成する

・関連記事同士をリンクさせてページの評価が高まります

・過去の記事もクロールされるような工夫

・内部リンクはPageRankに貢献する

・ページ内のリンク数は100以下におさえる(内部リンクと外部リンクの合計)


【中小検索エンジンに登録】

中・小の検索エンジンに登録して、被リンク数を増やすと検索結果の上位に表示されやすくなります。大量の検索エンジンに登録することは避けて、1日に登録の目安としては20ヶ所までにとどめて定期的に増やす方が良いでしょう。


【ナチュラルリンク】

相手サイトから一方的に自然にリンクしてもらえることがナチュラルリンクといいます。自分のサイトと関連した内容サイトで評価の高いページからのナチュラルリンクだと、アンカーテキストにキーワードを含む場合、かなりの評価を受けるでしょう。


【相互リンク】

お互いのサイトをリンクし合うことで、お互いのホームページから紹介しあうことを言います。現在では、検索エンジンのアルゴリズムも複雑になっていますので、無秩序な数だけの相互リンクは、SEOの低下にもつながり注意が必要です。


【その他の登録】

・Yahoo!ディレクトリ登録(有料)

posted by あっと at 21:25| コンピュータとネット

2010年01月21日

HTMLの最適化

ホムページやブログの基本になるテンプレートで見た目のデザインでは無く内部のHTMLソースを最適化の話です。

1. 上位にヒットしたいキーワードを選択

2. タイトルにキーワードを含める

3. 記事内の文章はキーワード出現頻度を意識して作成して下さい。1ページに表示されるHTML文章のキーワードの出現率は5%前後になります。

4. HTMLソースは、出来るだけシンプルに正しい文法で記述すること

詳細は後ほどに説明!
posted by あっと at 09:45| コンピュータとネット

2010年01月20日

記事の文章作成

ホームページやブログの記事内容はSEO テーマやキーワード

による文章作成は悩むところで、最初は記事を書く上でSEO

やキーワードなどは気にせずにメインページは出来るだけ自

分の言葉で書くように心がけて下さい。


広告や画像を外したら、なにもないページやキーワードを並

べた文章などはNGです。


検索エンジン ロボット 巡回してWebサイトの情報を集める

ためにサイトにアクセスしテキスト情報などを収集しています。


最近では精度が上がりよそからのコピー記事やリライトやシャ

フルした記事もNGとなります。
posted by あっと at 09:44| コンテンツ

2010年01月19日

XMLサイトマップ(sitemap) Yahoo!,Google,Bing Searchに登録

検索エンジンにサイトマップ(XML)をインデックスとクロールしてもらうためのサイト管理ツールです。

XML(XML形式ファイル)サイトマップを設置することで、検索エンジンにインデックスさせる効果とサイト上の各ページをより確実に認識することができるようになります。

各サイト管理ツールを利用するにはログイン用「ID」の登録が必要です。


Googleウェブマスターツールに登録


Yahooサイトエクスプローラーに登録


Bing Webmaster Centerに登録
posted by あっと at 23:52| コンピュータとネット

大手検索エンジンに登録

検索エンジンには大きく分けて、2つのタイプがあります。

【ディレクトリー型】
ディレクトリ(カテゴリ)型検索エンジンに登録すると、検索エンジンからのアクセスアップが期待できる上に、SEOに効果的と言われています。

【ロボット型】
ロボット型エンジンはロボット・スパイダー(クローラ)と呼ばれるロボットがサイトを自動的に巡回してサイトを集めていきます。


Google検索エンジンへの登録、 1〜2週間程度でGoogle検索結果に反映されるようになります。


Yahoo!検索エンジンへ登録、 ロボットが巡回して自動的に登録します。登録依頼には、Yahoo!JAPANのIDが必要です。


Bing検索エンジンへの登録、Bingは MSN(エムエスエヌ)の検索エンジン「Bing」に登録ができます。


Baidu(バイドゥ)百度 検索エンジンへ登録、Baidu.jpは中国最大手の検索サイトBaidu.comの日本語版です。(ブログ登録は、Baiduブログ 検索エンジンへ登録)
posted by あっと at 10:05| コンピュータとネット